• メニューボタン
  • ビズパレットデザイン
  • ご予約・お問い合わせメール
BLOG

Googleアドセンス広告の設定するやり方・種類・配置を解説

Googleアドセンス広告の設定するやり方・種類・配置を解説

 

ブログを運営したいと考えている方の中には、広告収入について詳しく知りたい方が多くいるのではないでしょうか。

ブログの収益化方法のひとつであるGoogleアドセンスは広告がクリックされるたびに報酬が入る、広告サービスです。

 

ブログ運営を始める前に、Googleアドセンスの広告種類や配置位置などについて事前に知っておくことが肝心です。

そこで今回は、Googleアドセンスの設定方法・種類・配置位置など、基本的な仕組みを

解説します。

Googleが提供する広告サービス「Googleアドセンス」

Googleアドセンスは、「クリック報酬型広告サービス」の代表です。

WEBサイトで表示される広告をユーザーがクリックすると、サイト運営者に報酬が入る仕組みです。

広告サービスを受けるためには審査がありますが、通過できなかった場合は再申請ができます。

 

Googleアドセンスのメリットとして、アフィリエイトよりも手軽に始められることが挙げられます。

Googleがサイトに最適な広告を配信してくれるため、サイトと広告のミスマッチが起こりにくく、商品をアピールする記事を用意する必要がありません。

 

一方、デメリットは報酬の低さです。

広告の種類やジャンルにもよりますが、1クリックで約数十円程度の場合が多いと言われています。

 

リスティング広告にかかる費用はどのくらい?広告費用を抑えるためのポイント5選

アドネットワークとは?仕組み、メリットデメリット、DSP/SSPとの違い

Googleアドセンスの登録手順

  1. Googleアドセンスのホームページから「お申し込みはこちら」をクリックします。
  2. 申し込みたいサイトの情報を入力し、Googleアドセンスのアカウントを作成します。
  3. アカウント作成後、表示されたアドセンスの管理画面から支払先情報の入力が必要です。
  4. 電話番号での認証完了後、表示されたAdSenseコードをサイトに設置すると、審査が始まります。
  5. 数日後メールで合格通知が送られてきたら、Googleアドセンスの利用開始です。

Google お申し込みと有効化

 

アドセンス広告の種類3つ

Googleアドセンス広告は、大きく分けてディスプレイ広告・ネイティブ広告・自動広告の3種類に分類されます。

性質も種類によって異なるので、どの広告を設置すればよいか、迷ってしまう方もいるでしょう。

この章では、アドセンス広告の基本についてご紹介します。

①最もスタンダードなディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、Googleアドセンスでよく使用されているスタンダードな広告です。

形は「横長」「縦長」「スクエア」の3種類が存在します。

表示形式は「動画」「画像と文字」「画像」「文字」と多くの種類があり、サイトのスペースに合わせて自動で最適な広告を表示してくれます。

②記事の中に溶け込むネイティブ広告

Googleアドセンスのネイティブ広告には、インフィード広告・記事内広告・Multiplex広告の3種類があり、サイトに合った雰囲気や形式で表示されます。

ディスプレイ広告より小さく、自然と目が行くような形式です。

インフィード広告は記事と記事の間やフィード内に、記事内広告はその名の通り記事の中に、Multiplex広告は記事下に、それぞれ溶け込むように配置されます。

 

③何もかも自動で表示される自動広告

全ての広告を手動で設置する作業は時間や手間がかかります。そこでおすすめなものが、自動広告です。

自動広告は、アドセンス広告の表示を自動で行ってくれる機能です。

手動広告のような手間が一切なく、Googleアドセンス初心者でも簡単に設置できます。

 

アドセンス広告でおすすめの配置位置3つ

この章では、定番の配置位置を3つご紹介します。

 

読者にアドセンス広告をクリックさせるためには、配置位置が非常に重要とされています。

配置位置ひとつで収益アップにつながる可能性があります。是非お役立てください。

①目次の上にディスプレイ広告を配置する

広告の中でもっとも存在感があるディスプレイ広告を、目次の下や記事タイトルの下に配置し、読者の目に留まりやすいようにします。

 

広告をパッと見るだけで内容が分かり、商品の印象が残るでしょう。

しかし、目に留まりやすいからといって、記事の途中への配置はおすすめできません。

大きくて目立ちすぎるため、コンテンツの邪魔になります。

読者の不快感につながり、途中離脱につながる可能性があります。

②記事の下にMultiplex広告を配置する

Multiplex広告は、あたかも関連記事かのように表示される広告です。

記事の下に配置することがおすすめです。

記事を読み終わり、次の記事へと進むところで目に入ります。

 

ただ、広告が多いと、読者も目障りに感じる可能性が高まります。

広告掲載数を調整し、コンテンツの邪魔にならないようにしましょう。

③記事の中に記事内広告を配置する

各見出しの上に配置することがおすすめです。

記事内広告は、記事のフォントや背景と、広告を自動的に合わせて表示してくれます。

また、広告のサイズも小さく、記事と馴染みます。

 

記事と記事の間に配置するため、文章を読んでいると広告がそのまま読者の目に入りやすいことが利点です。

 

記事内広告はクリック率が高いといわれています。

SSPとは?仕組みやDSPとの違い、メリット・デメリットを解説

DSPとは?仕組みやSSPとの違い、メリット・デメリットを解説

まとめ

Googleアドセンスは、サイトに載せたアドセンス広告を読者がクリックすると報酬が発生する仕組みです。

審査に合格すれば、誰でもGoogleアドセンスのサービスを受けられます。

 

広告の種類も豊富で、配置位置もさまざまのため、最初は戸惑うことも多いでしょう。

是非サイトに合った広告と配置位置を見つけ出し、収益アップにつなげてください。

 

メニューを閉じる
Web Create
Webサイト制作
システム構築
制作の流れ
ECサイト構築
ECサイト構築
Webマーケティング
3つの強み
サイトレスキュー119
修正プラン
保守プラン
管理プラン
BizPalette Design
運営会社
お問い合わせ
BLOG
ページトップ