• メニューボタン
  • ビズパレットデザイン
  • ご予約・お問い合わせメール
BLOG

ECサイトの作り方|構築方法の選定と制作手順・費用をわかりやすく解説

ECサイトの作り方|構築方法の選定と制作手順・費用をわかりやすく解説

デジタル化が推進されている現在、新規でECサイトを作りたいと考える方や、勤務先で新たにEC担当者として配属される方が増えています。

 

  • ECサイトを開設するための費用の相場を知りたい
  • ECサイトを作るために利用するサービスの選び方を知りたい
  • ECサイト構築の手順を知りたい

 

今回は以上のような方のために、ECサイト構築について解説します。

 

ECサイトの構築方法と費用相場

ECサイトを作る際にかかる費用には、立ち上げ時にかかる初期費用と毎月発生する月額費用があります。

これらの費用は、利用するアプリケーションサービスプロバイダ(以下ASP)やパッケージ、モールなど、使用するサービスによって変わります。

サービスごとのおおよその費用は以下の通りです。

サービス

初期費用

月額費用

EC担当者に必要なスキル

無料ASP

0円

0円

SNSやブログを使える

有料ASP

10万円以下

10万円以下

ツールを利用した情報収集分析・サイト運営ができる

モール

0〜6万円

0〜10万円

パッケージ・クラウドEC

数百万円以上

10万円以上

制作会社に対し自社ECサイトで必要な機能を正確に要望できる

 

ASPやモールは月額費用のほかに、売上に応じた決済手数料やシステム利用料などが発生します。

また、契約時に月額費用を年払いしなくてはならないサービスもあるため、事前に確認しましょう。

 

ECサイトとは?運営に必要な業務内容やECサイトの特徴を解説

ネットショップを開業したい方必見!開業の手順とメリット・デメリットを解説します

ECサイト構築方法に関する3つの選び方

ECサイトを構築するためのサービスは、何を基準に選べばよいのでしょうか。

ここでは3つの観点から、ECサイト構築方法の選び方について解説します。

①費用負担の違い

ECサイト構築時の費用は、利用するサービスによって0円から数百万円以上の大きな差があります。

費用負担の大きさと事業規模は、利用するサービスを選ぶ判断基準の1つです。

 

例として、多額の経費を掛けられない個人事業主や事業規模が小さな企業は、無料ASPやマーケットプレイス型モールがおすすめです。

 

ECサイト制作・運営に予算をかけられる企業や、ECサイトでの売上が100万円以上を見込める企業には、有料ASPやテナント型モールをおすすめします。

 

また、すでにECサイトを運営していて、現在のサービスでは対応できないほど事業規模が大きな企業は、パッケージやクラウドECへの乗換えを検討するとよいでしょう。

②カスタマイズの有無

 

テンプレートで用意されているデザインやレイアウト以外に、デザインや機能のカスタマイズをできるASPやモールがあります。

このようなカスタマイズの有無も、利用するサービスを選ぶ判断基準の1つです。

 

また、無料ASPはカスタマイズできないという印象を持つ方もいるかもしれませんが、追加料金を支払えば、サイトのドメイン設定や分析機能他のツールを利用できます。

有料ASPであれば、オリジナルのサイトデザインを構築することも可能です。

 

モールは、オリジナルデザインやレイアウトを実現できない箇所が多い傾向にあります。

 

一方、制作会社に依頼してシステム構築するパッケージやクラウドECでは、完全にオリジナルのサイトを作ることができます。

③自社システムとの連携可否

ECサイトの受注数が増えたときは、受注や顧客データの管理、商品発送などが大きな負担になります。

自社システムと連携できるか否かも、利用するサービスを選ぶ判断基準の1つです。

 

ASP・モールに関しては、自社で利用しているシステムと連携できるかを事前に確認しておきましょう。

また、パッケージやクラウドECでは、ほとんどがオリジナルで制作するため、受注や商品発送の管理データ、顧客データなどを自社の既存システムと連携できます。

各ECサイトの制作方法と手順

ECサイトを構築する方法によって、作業工程は大きく違います。

ここでは、ECサイトの構築方法別に開設手順を紹介します。

①無料ASP|簡単登録でECサイトを開設できる

無料ASPに登録して設定を済ませれば、すぐにECサイトを開設できます。

ターゲットを設定し、サイトデザインや商品説明文に統一感を持たせることがポイントです。

無料ASPを利用したECサイトの開設手順は以下の通りです。

 

  1. 登録を申し込み、アカウントを作成する
  2. 必要なら有料オプションでオリジナルドメインを設定する
  3. テンプレートからコンセプトに合ったサイトデザインを選ぶ
  4. 商品の画像や価格、説明などを登録する
  5. 決済方法・配送方法を登録する
  6. 各種登録・設定を済ませてECサイトを開設する

②有料ASP|自社ECサイトとしてカスタマイズできる

無料ASPより豊富なデザインテンプレートやオプション機能で、自社ECサイトとしてカスタマイズできます。

制作会社に依頼して、オリジナルのサイトデザインを作ることも可能です。

有料ASPを利用したECサイトの開設手順は以下の通りです。

 

  1. 登録を申し込み、アカウントを作成する
  2. テンプレートから選択、もしくはデザイナーに依頼してECサイトのデザインを設定する
  3. CSVファイルを利用して商品を一括で登録する
  4. 決済方法・配送方法を登録する
  5. 各種登録・設定を済ませてECサイトを開設する

③モール型ECサイト|審査がある

ここではテナント型モールについて解説します。

モール型ECサイトは、ショッピングモールサイトに出店するテナントとして自社サイトを制作します。実店舗のテナント出店と同じく審査があり、通過できなければ出店できません。

 

  1. 代表者情報、会社情報、銀行口座、納税情報などを準備して出店申込み
  2. 出店審査を受ける(〜1か月)
  3. 出店審査に合格後、ショップデザインや商品登録など開店準備
  4. 開店審査を受ける(〜1か月)
  5. 開店審査に合格後、ECサイト開設

④パッケージ・クラウドEC|費用と時間をかけてカスタマイズする

パッケージとクラウドECでは、制作会社に依頼してECサイトのシステムを構築するケースが多いです。

システム開発には時間がかかり、ECサイト開設まで半年から1年以上かかることもあります。

 

  1. 現行ECサイトの課題、運用フローなどを整理、要件定義書を作成
  2. 制作会社がサイトデザインや機能などを設計
  3. 設計に基づきプログラムを制作
  4. ECサイトプログラムのテスト
  5. ECプログラムの外部連携テスト
  6. テスト終了後、ECサイト開設

まとめ

ECサイトは無料ASPを利用すれば気軽に開設できますが、自社の売上規模や必要な機能によっては別の選択肢を視野に入れる必要があります。

ビズパレットデザインでは、ECサイトの構築から運用までをフルサポートいたします。

ぜひお気軽にご相談ください。

 

メニューを閉じる
Web Create
Webサイト制作
システム構築
制作の流れ
ECサイト構築
ECサイト構築
Webマーケティング
3つの強み
サイトレスキュー119
修正プラン
保守プラン
管理プラン
BizPalette Design
運営会社
お問い合わせ
BLOG
ページトップ